aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 知識社会とチームワーク | メイン | 連載第1回 ひたむきにひとつひとつ心をこめて »

知識社会とBAKA力と島耕作

チームワークエンジニアのムラタぐです。

前回、「知識社会」のお話をしました。

高度に専門化が求められる「知識社会」では、
自分が何を専門にして社会で生きていくかを
決めるのに「BAKA力」が必要だと思うんですね。

BAKA力とは、必要なときにバカになれる力
という意味で名づけました。

いかに働くべきか?
どう生きるか?
どこに就職するべきか?

に答えはありません。

自分で信じて「決める」しかありません。
決「断」ですね。

そのためには

私は○○をやりたい。
○○だけは譲れないぜー。
○○は辛いときもあるけど
私は○○が好き!
私は○○ができてしあわせだー!
いえーい!ブラボー人生!
ナイス俺!

と言い切れるおばかさんな感じの
ある人って強いと思います。

迷いがなくて、生き方がぶれないからです。

私は、この「BAKA」力を
初芝五洋ホールディングスの社長になった
島耕作(人気漫画)さんに感じます。

昨日の日経新聞ででかでかと報じられていましたので
ご存知の方も多いでしょう。
「課長島耕作」の頃から、島さんは、私の愛読書です。

学生時代からずっと島さんは、
私の「働くということ」の研究材料です。

島耕作さんは、上記の○○の部分に「仕事」という言葉が
入る人です。

彼のように自分の仕事が愛せる人って素敵です。

仕事というのは、お金をもらうということなのですが
仕事の報酬には、お金以上に
お客様の笑顔と「ありがとう」があります。
知識も身につくし何より自分自身の成長があります。

お金という報酬は、使えばなくなってしまいますが
成長という報酬は失われません。

そう考えると仕事は
楽しくありがたく愛すべき存在になります。

「この仕事が好きだ。」
この気持ちだけ腹に落ちれば
どんな仕事に就いても「強く楽しく」働けると思います。

ありがたいことに
私は自分の仕事が大好きです。

当社のスタッフのみんなにも
当社のお客様にも
同じように感じてもらえる会社にしたいと
経営者としていつも考えています。

心をこめてありがとう。
今日も皆様に感謝。

Calendar

2009年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Smileworks