« 連載 ラグビーワールドカップ奮闘記(3) | メイン | 強くて楽しいチームの作り方〜スポーツで心を育てる »

チャレンジ&サンキューカップ ベンチャー4社合同チームワーク研修

チームワークエンジニアのムラタぐです。

去る6月14日、急成長のベンチャー企業4社合同で
ラグビー体感型研修 を実施しました。

参加企業は下記の4社です。(アイウエオ順)

株式会社HDE
http://www.hde.co.jp/

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/index.html

株式会社ビービット
http://www.bebit.co.jp/index.html

株式会社フォトクリエイト
http://www.photocreate.co.jp/

4社も集まっているのだから各社対抗で大会をしながら
「勝つ」と「楽しい」を両立するチームワークを学ぼう!
という主旨です。

大会名は
「チャレンジ&サンキューカップ」

優勝カップも作りました。

チームワークの要は、組織の目指す方向に
個人個人が挑戦すること。

そして挑戦できること、挑戦によって生まれる変化。
変化によって生まれる成長。成長によって生まれる成果。
成果によって生まれる新しい挑戦。

この挑戦サイクルのすべてと仲間に感謝することが
挑戦のエネルギーになる!
という訳で挑戦と感謝を大会のキーワードにしました。

研修兼大会の模様はこんな感じです。

選手宣誓!

まずチームワークの基本その1「傾聴」
相手の話を「心をこめて聴く」ことがとても大切です。

そしてチームワークの基本その2「敬意」
は相手に敬意を払うことです。

素晴らしいことに拍手したり、「おめでとう!」と言うことです。
6月お誕生日の方をみんなで祝いました。

お誕生日おめで

タグ!

上記の「傾聴」「敬意」のルールを意識して
各社の新人社員に自社紹介のプレゼンテーションを
していただきました。

途中で聴衆に目を配る「アイコンタクト」をすること。
木のようにしっかりと立つ「ツリーグラウンディング」をすること
をアドバイスしてコーチングしました。

それからいつものように少しずつ練習して
タグラグビーのルールを楽しくコーチしていきます。

研修開始2時間後には、リーグ戦を開始!

ボールをもったら前にチャレンジ!

相手に感謝 ノーサイドの握手

トライがうまれ、歓喜の輪が広がります。

リーグ戦の途中に、振返りのワークショップをしました。
チームワークに必要なこと、タグラグビーと仕事はよく似ています。
タグラグビーからの学びを話し合います。

他社の社員や役員の話を聴くことができるように
グループ分けしましたので、皆様とても参考になったようです。

その学びを今度は、自分の会社の人たちと共有して
自分達の仕事のやり方にどの部分をどういかすか話し合いました。

他社さんの合同で研修を実施するということは、
合意形成がなかなか難しいかもしれませんが
「他社の話が聴けて、刺激になり、交流できる」
「予算を分担できる」
という2つの大きなメリットがありますね。(^^)

ワークショップの後、また試合!

チームワークがさらにまたよくなりました。

会社の仕事もチームが成功したときは、
こうやってハイタッチして喜んでくださいね。

優勝チームは

株式会社ビービットさんでした!
遠藤社長の優勝スピーチ。

さすが、数億円の売上、数十名の社員を束ねる
優良ベンチャーの社長様です。

スピーチも上手ですし、
試合中も身体を張ったプレーで社員を引っ張りました。

トライする遠藤社長・・・。

各チームに参加賞として
スマイルワークスから各社にラグビーボールプレゼントしました。

日本ラグビー協会さんもこの大会の主旨を理解し
応援してくださいましたので
6月22日(日)ラグビー日本代表vsフィジー代表戦@国立競技場
のチケットを全員にプレゼントすることがしました。

最後はノーサイドで感謝のハイタッチです。

全員でひとつの輪になって一本締めしました。

アー今日もたのしかっタグ!

参加者の方からお礼のメールをいただきました。
とてもすばらしいので本人の了解を得まして皆様に共有いたします。

(以下引用)
先日は、大変楽しく、有意義な場に参加させていただき
誠にありがとうございました。

今朝から全身筋肉痛で、おかしな歩き方をしております。
先日のお礼と学んだことをご報告させていただきたくメールいたします。

私は、今までラグビーというスポーツのルールも全く
知らなかった人間ですが、今回の研修ですごく興味を持ちました。

そして、まさに、ビジネスと同じだと感じることのできた一人でもあります。
私は社会人になって2ヵ月強、実際に部署配属されて1ヵ月と少しです。
今の部署は、13名で成り立つ新規開発チームです。
(大手企業と提携しての新事業展開)

この部署で、私はプロデューサーになるべく育成をしていただいています。
13名はそれぞれ、プロデューサー・ディレクター・デザイナー・業務推進・
システムの役割を分担しています。

プロデューサーの業務は、営業も含んでいるので、
日々体当たりで挑戦しつつ、全体のチーム状況を確認しながら、
協力していただきながら、任務を遂行していきます。

目標の数字を達成させるために、
自分だけの高いモチベーションで必死になって
営業、広告受注をとってきても、チームの皆が疲弊したり、不満が出たり、
信頼関係を崩して行ったりします。

そこの兼ね合いが私にとって、
すごく難しく、この1ヵ月でよく悩んだ点でもあり、
これからずっと向き合っていかなければならない課題でもあります。

そんな時に、このタグラグビーの研修を受け、実際に体感し、
三角形のチームワークカードを見て、
今の自分のビジネス課題にダイレクトに当てはまりました。

チームのために、常に挑戦者でいることは、
絶対に大切で、間違っていないということ。

しかし、決して自分一人では何もできないこと。

皆様の協力があって初めて達成できることを
改めて認識いたしました。

そして、そのためには、どういう心構えが必要かもよく分かりました。

「配慮」「寛容」、「敬意」「感謝」「傾聴」
このベースをこれからの社会人人生の根底に築き
ビジネスマンとしても人間としても、チームやお客様から信頼される存在にな
りたいと思いました。

また、新人による自社紹介プレゼンも、
すごく良い経験になりました。

私は人前で発表をするとき、極度に緊張してしまいます。
だから、自分の中ではすごく苦手な意識があり、
チームからもおそらく心配されていました。

ですが、今回はムラタグさんが全体に良い空気を作り出してくれていた
おかげで(聴く姿勢、感謝の姿勢、思いやり、ありがとうの姿勢)、

私はプレゼンでの成功体験を得ることができたと思っています。
初めて小さな自信が生まれました。

ムラタグさんは、まず褒めてくれて(目を見れていたねと)、
それから欠点を欠点と言わず、
アドバイスとして、お土産を下さいました。(木のように立つ!こと)

ただ批判や否定をされると、
もっと自信をなくしたり、苦手意識が生まれたり、
受け入れられなかったりするのですが、

今回は、もっと良くなるためにという、
ポジティブな気持ちで受け入れることができ、
素直に感謝の気持ちが芽生えました。

「まず褒める+アドバイス」という指導方法も、
今後活かしたいと思いました。

大変話が長くなりましたが、目を通してくださりありがとうございました。
今回は、本当に良い経験をさせていただき、すごく良い学びの場になりました。

むらタグ様、スマイルワークスの皆様、本当にありがとうございました。
今後ともよろしくおねがいいたします。

(以上引用おわり)

参加者の方からこうした学びのレポートを頂けるのは
とても嬉しく私達の力になります。

いい研修ができたようで嬉しいです。
皆様のおかげです。

心をこめてありがとう。

今日も皆様に感謝。


PS 次回のタグ!です。
   ご都合よろしければ皆様ぜひおいでください。


「第27回 安全でたのしいタグラグビーで学ぶチームワーク教室」


※奇数月だけの特別託児サービス実施中!家族全員でお越しください!
(託児サービスは別途お申込が必要です。詳細下記参照)

主催:NPO法人エミネクロススポーツワールド
コーチ:村田祐造(通称 ムラタぐ)

対象:小学生〜大人男女
日時: 7月13日(日)9:50〜11:50
会場:港区立南山小学校 校庭 雨でも体育館!
        南北線 「麻布十番」駅 徒歩6分
        日比谷線・大江戸線「六本木」駅 徒歩7分
持ち物:運動できる服装、運動靴(スパイク等不可)、タオル
費用:学生500円 一般1000円


※初めての方でも安心して楽しめます!
※託児サービス(2,000円/世帯)の申込は下記まで:
株式会社子育て支援(http://www.happy-kosodate.jp/
e-mail:info@happy-kosodate.jp
保護者様氏名・お子様月齢・性別・電話番号・メールアドレスをご明記ください


第23回開催のレポート:
http://www.smileworks.co.jp/blog/2008/04/000151.html#more


Calendar

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Smileworks